オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンはとてもいい材料ですが、患者さんの歯の状態によって適応症が有ります。

下の写真では中央左上の歯は、根の色が黒ずんでいます。オールセラミッククラウンは色の透過性が良いのが長所ですが、歯の色が良くないとその色が表に透けて出ます。そのため金属の土台では使えません。(下のケースでは2本ファイバーコアを使用しています)正確に言うと金属の土台では金属色が透けて見えるので、透けないようにオペーク色という不透過性の層を作るか接着するセメントにオペーク色を使います。要するに色が透過しないようにするのです、しかしそれではせっかくのオールセラミッククラウンの長所が消されてしまします。治療の際は十分説明を受けた上で土台を含めて材料を選択して下さい。料金の高低のみで選択するとムダな費用になります。石膏模型に乗せると下の色をひろいますので暗く見えるのがわかると思います。この歯根の色がオールセラミッククラウンを使う限界と私は考えます。治療に経験と知識が必要な材料です。また、オールセラミッククラウンの材料にも色々あります。現在ではCADCAMによる削り出しがメインですが、ブロック自体にも各社色々と特徴が有ります。

関連記事

PAGE TOP