保険診療でハイブリッドクラウン(CAD/CAM冠)治療を受けれる歯科医院一覧

小臼歯はハイブリッドクラウン(CAD/CAM冠)が健康保険適応となりました。

保険の改定で、下の大臼歯が条件によってハイブリッドクラウン(CAD/CAM冠)が使用可能となりました。

★医科にて金属アレルギー検査陽性であれば大臼歯ハイブリッドクラウン(CAD/CAM冠)は健康保険適応となります。

保険のCAD/CAM冠であれば、土台(コア)も健康保険でファイバーコアが使用できます。

注)CAD/CAM冠はすべての歯科医療機関で保険治療を受けれるわけではありません。九州厚生局が施設基準を満たした届出を受理した歯科医院のみにて、健康保険で治療を受ける事が出来ます。

歯科医院での説明でよくある誤解は、「この歯は白い材料は使えません」という言葉です。

この言葉の意味は、

①ここの歯科医院では保険で出来ない(してない)、しかし他の医院では保険で出来る

②ここの歯科医院では保険で出来ない、他の歯科医院でも保険のルール上出来ない

の二つのケースがありますので誤解の無いようにお願いします。

詳しくは九州厚生局ホームページにて公開されています。(歯CAD)と記載がある歯科医院のみ健康保険でCAD/CAM冠(ハイブリッドクラウン)治療を受ける事が出来ます。

PAGE TOP