ポーセレンラミネートベニア

ポーセレンラミネートベニア修復は歯のエナメル質を薄く一層削除し、貝殻のような薄いポーセレンシェルを貼り付けて審美修復を行います。歯と歯の間が開いて見た目が悪い場合や、レジン(プラスチック)の詰めものが変色して見た目が悪い場合などに使います。歯を削る量がとても少ないので歯に優しい治療です。以前は割れたり取れたりしやすかった治療方法ですが、この治療方法もセラミックブロックをCADCAMで削りだし最新の接着セメントで装着するようになって飛躍的に良好な経過が期待できるようになりました。

la1

 

歯と歯の間が開いて前に出ているケースです

la2

薄く表面を削ります、マイクロルーペを使いながら正確に削ります。

la3

仮の歯で形を確認します、審美修復は仮歯の状態で患者さんの希望に会っているか確認する事がとても大切です。この段階で時間をかけて満足がいくまで調整します。OKが出ればドイツシーメンス製セレックコンピュータカメラで動画を取り込みます。セレック導入後、システムが全く変わり精度が飛躍的に上がりました。 動画データをもとに、仮歯通りの形にミリングマシンが自動でセラミックブロックを削りシェルが出来上がります。

la4出来上がったセラミックシェルを歯へ接着します。通常のセメントと違い強固な接着性がある専用接着性セメントで装着します。

審美歯科治療の仕上がりは、術者の経験・技量以外に使用材料の選択、使用機器のレベルによっても大きく左右されます。

sereco

 

佐世保市の大串歯科医院にある、世界最高水準の審美歯科治療機器。

material_107_21

関連記事

ページ上部へ戻る