メタルボンドポーセレンとラミネートベニア

審美歯科治療。歯(虫歯)、歯肉(歯周病)、咬み合わせ(咬合)すべてに調和が必要です。

70代に違和感のない色調・上品な形態に仕上げてあります。

最近は金属を使用するメタルボンドを嫌われる方が多いため、ジルコニアボンドポーセレンで治療するケースがほとんどです。

たぶん上の前歯では最後のメタルボンドケースになりそうです。

日本の審美歯科治療で主役だったメタルボンドポーセレン(略してメタボン)の時代も終わりが来ました。これからはジルコニアボンドポーセレンが主役です。

poweb

佐世保・大串歯科医院

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る