矯正治療の目的は見た目の改善だけでなく、機能的な改善を行います。

■矯正治療で改善させる3つのポイント

1. 歯並び外見  歯並びのバランスを治療します。
矯正治療は「歯並びをキレイにする」、「歯の凸凹やすきっ歯を治す」といった、見た目だけの歯並びを整えるだけではありません。上下の顎の骨と噛み合わせの状態、頭がい骨とお顔のバランスなど、総合的な症状の分析をして、一人ひとりにあった治療を行います。
2. かみ合わせ 上下の歯のかみ合わせを改善させることも、矯正治療の大切なポイントです。咬み合わせが悪いと、食べ物を細かく噛めなかったり(咀嚼)、顎の発育に好ましくない影響を与えたりする場合があります。良いかみ合わせとは、上下の歯が正常にかみ合っているだけではなく、かみ合わせたときに、顎の関節の位置が安定した状態になっていることです。
3. 側貌  側貌とは、横顔の見た目のことです。例えば、出っぱ(上顎前突)の場合、側貌を見ると口元が出っぱっていたり、上の前歯と下の前歯の間に下唇が入り込んでいることがあります。受け口では、舌唇が突き出ていたり、目くれて見えます。矯正治療で歯並びが改善されることで、横顔自体にも変化が起き、見た目のバランスが改善されます。

歯には前歯、犬歯、臼歯とそれぞれ形があります、その機能が違うからです。歯並びが悪いとその機能を発揮できないため、歯を早く失う結果となります。

 

ページ上部へ戻る