ジルコニアボンドポーセレン

ジルコニアボンドポーセレン(被せ物)とポーセレンラミネートベニア(シェルの貼り付け)による審美歯科治療です。

ご希望は、歯を白くして少し長めの歯にしたいというご希望でした。また、右上中央の歯の歯肉が黒ずみがひどくなり気にされていました。数年前他院で自費治療されてますが、まわりの歯に合わせて色が決めてあるのがご不満のようでした。歯茎の色は金属の土台を使うと時々このようになります。ファイバー製の土台(コアと呼びます)に入れ替え、審美歯周外科治療を行い歯肉の色調改善を行いました。どんよりとした歯肉の腫れ(歯周病)も改善し歯肉色調も良くなりました。

ホワイトニングを行い自分の歯が希望の白さになったら、まわりの歯を治療します。ジルコニアボンドポーセレン(被せ物)とポーセレンラミネートベニア(シェルの貼り付け)による審美歯科治療です。ジルコニアボンドポーセレンはメタルボンドと比べ透明度があり、強度は同様、オールセラミックスより破折しにくい利点があります。これからの審美歯科治療はメタルボンドポーセレンからジルコニアボンドポーセレンへと完全に移行しました。歯の裏側も一切金属を使いませんので審美性がよく金属アレルギーの心配もありません。

webjir

歯の縦横の比率を改善することにより、バランスのいい上品な歯になります。

 

jirma

webkougai

佐世保市で世界水準の審美歯科治療機器を完備。

 

ページ上部へ戻る