ポーセレンラミネートベニア25年経過例

ポーセレンラミネートベニアで治療をすると、どれぐらい持ちますか?

という質問を受けます。正直咬み合わせ等の影響で個人差があります。ポーセレンラミネートベニアによる治療方法が日本に入ってきて約30年が経ちます。当時はまだ審美歯科という言葉すらありませんでした。下のケースはポーセレンラミネートベニアにて治療後2014年で25年経過し、私が見続けている最も長期間のケースです。さすがにツヤも落ち、歯肉も下がってきました。いい技工士と歯科医師が組めばこのようなケースもあります。経験から得る事も沢山あります。

la25

次のケースは1991年にポーセレンラミネートベニア及びメタルボンドポーセレンにて治療したケースです。

中央2本がポーセレンラミネートベニア両脇がメタルボンドポーセレンにて治療しています。約23年経過し年齢も83才になられました、歯肉の炎症もありますが被せ物自体に問題はありません。

la23

 

 

material_107_21

 

最新の審美歯科治療

 ここ数年審美歯科機器は過去数十年に匹敵するほどのめざましい進歩を遂げました。
 どのような素材・機器をどのような状態の歯に使うかで、結果に大きな差が出ます。最新の知識が必要な時代です。
 歯科技工士は美しく、質の高い、長持ちする作品をコンピューター上で設計し、そのデータでミリングマシーンがブロックを精密に削り、質の高い審美的な歯をあなた専用にオーダーメイドで作ります。
 自由診療は費用もかかります、あなたがこのサイトで十分な知識を得られることを願います。
 最高の審美は、あなたと歯科医師、歯科技工士、最新設備のコラボによってのみ達成されます。
NEWS:
2016年1月よりファイバーコア及び小臼歯のハイブリッドクラウンが健康保険適応となりました。また、大臼歯部は医科にて金属アレルギーの診断が付けば、ハイブリッドクラウンにて保険治療可能となりました。
 オールセラミック(イーマックス)等も昔は10万程度と高額でしたが、今やローコスト(オールセラミッククラウン 55.000円)で治療を受けることが出来ます。

世界最高水準の審美歯科治療「セレック」とは?

セレック(CEREC)とは 医療先進国ドイツの130年以上の歴史があり、世界約135カ国の市場に歯科用製品を展開する歯科用機器専門メーカー…

ページ上部へ戻る